【プログラミングスクール】初心者がプログラミングを始めるには?侍エンジニア塾の授業の内容は?実際に受講した感想【体験談】

スクール探し中の私
初心者がプログラミングを始めるには何から取りかかればいいの?

今回はフリーランスで案件獲得を目指し、
侍エンジニア塾に入ることにした私の学習方法と気になる授業の様子
1ヵ月が経過したところからお伝えしたいと思います。

スクール選びについては
以前に書いた記事もぜひ参考にしてみてください。

【プログラミングスクール】侍エンジニア塾の評判は?実際に通ったメリット、デメリット【体験談】

2019.10.21

就職かフリーランスかよく考えよう

スクール探し中の私
未経験から1か月でWEBデザイナーに、みたいな広告が出てくるけど実際どうなの?
実は少し期待していましたが、そんな簡単なはずはなく
初めて行ったスクールのカウンセリングで最低でも6ヵ月は必要だと理解した私。

同時に何をしたいのかも明確になりました。

就職のススメ


もしも30歳以下だったら、そして子供がいなかったら、
私は就職を目指す道を選んでいたでしょう。
35歳以下でも最初は就職を目指していたかも知れません。

もしもこの条件にあてはまるならば在宅フリーランサーを目指すのは
就職してある程度の力をつけた後で遅くない
と思います。
 
会社勤めは言うまでもなく、確定申告や年金・健康保険など
わずらわしいことから解放されていたりお得だったりするので
フリーランスとまた違った自由があると言えるのではないでしょうか。

確定申告は戻ってくるお金もあり絶対にした方がいいと思いますが
その反面とても面倒ですのでそのための覚悟も必要です。
 
更に2023年から導入が予定されているフリーランサーを苦しめることになりそうな
「インボイス方式」
もいまから気がかりです。

フリーランスへの道


実は就職の可能性も考えながらカウンセリングを受けたのですが、
ほとんどのスクールで年齢、未経験、そして子どもがいて残業できないという条件から
正直なところ厳しいでしょうと言われました。

子どもだけでなく今後介護の可能性がある方なども
同じように悩まれているかもしれませんね。

近頃では普通の会社でもテレワーク推奨の動きがあるようですが、
まだまだ気軽に在宅で仕事をしていくのは難しそうだと感じます。

案件獲得を目指す

スクール探し中の私
案件獲得って何ですか?

私は最初のカウンセリングの時点で、
案件獲得をしていくということで話がまとまったのですが
そもそも案件獲得というのがどういうことなのかはその時に知りました。

まずはランサーズやクラウドワークスのようなところに登録して、
そこから簡単な仕事から始め収入を上げていくという
登録制のお仕事マッチングサイトを利用するのが一般的
なようですが、
そのほかにも交流会などに参加し人脈を作って仕事をもらう、
というようなケースも説明されました。

初心者にはなかなか難しそうですね。
ですが目指していくところは何となくイメージできました。

ということでフリーランスを目指す方は
まずは、以下のサイトを覗いてみるのをおすすめします。
Lancers(ランサーズ)
CrowdWorks(クラウドワークス)
 
侍エンジニア塾では就職せずフリーランスを目指す前例がたくさんあるそうなので、
適した講師の方もたくさんいるようでした。
またフリーランスを目指すつもりだったけれど結局就職したという例も聞きました。

講師の中にはたくさんお子さんがいる方や、海外在住の方もいるようで
その点でもやりたいことを理解してもらえるように思いました。

また授業は基本オンラインで、
対面でもOK
だそうですがその場合もカフェなどを使用するとのこと。
オンラインで完結できるようになりたいので、よりありがたい環境でした。
侍エンジニア塾
 
案件獲得のイメージがなんとなくわいてきたところで
次は自習を始める準備をしていきましょう。

無料学習 4つのおすすめサイト


どのスクールを選んだとしても、自習が絶対に必要となります。

私は全く知識がなかったので、講師が決まるまでに時間があったこともあり、
様々なサイトを試しながら学習していきました。

年齢のこともあり、単語を知るだけでも意味があると思い前のめりに取り組みました。
最初は何が何やらという感じでしたが何周もする間に、
だんだんと理解が進んでいくのを感じられました。

ひとつのサイトでは知識がかたよるのでいくつかのサイトを渡り歩きながら
自分の自習スタイルを確立していく
のがよいと思います。

次からは具体的な学習サイトのご紹介です。

その1 ドットインストール


月々980円のプレミアム会員になると動画が見放題、
講義の文字起こしやソースコードまで見れるということですが、
初心者向けの動画も無料の枠内でたくさん用意されているので、
まずは無料の範囲でこちらから始めました。

1本の動画が3分程度なのもテンポよく、飽きずに進められる理由の一つかと思います。
そして何度も繰り返すことでより理解が深まっていきました。
何はなくともこちらは試してみるとよいと思います。

少しずつ慣れていくためのツールとしてはとても良く、
たまに復習で戻ってくると新たな気づきもありますので、
常に頼りがいのある存在です。

私はこちらの「ローカル開発環境の構築」回で
もろもろのセッティングも済ませました。

慣れない単語に四苦八苦しながらも毎回出てきた新しい言葉を検索しながら
ゆっくりと進めていきましたが動画を見ながらだと非常に分かりやすいので、
色んなサイトをウロウロするより良さそうです。

またこちらでまず興味のある言語などを触りながら、
やりたいことを探っていくのも良いかと思います。
ドットインストール

その2 Progate(プロゲート)


こちらも有名な学習サイトです。
ドットインストールと違い、ブラウザ内に入力していくので
最もお手軽に始められる学習サイトの一つと言えます。

しかも間違っているところを分かりやすく指摘してくれるという
嬉しいシステムでゲーム感覚で楽しめる
ので
ドットインストールでの学習に疲れた際の息抜きとしてもありがたい存在でした。

Progateも月々980円で学習できる範囲が広がりますが、
無料の範囲でも初心者にはかなり勉強になりますので、ぜひ試してみてください。

またこちらの道場コースが腕試しにかなりおすすめです。
初心者が見ると気が遠くなりそう、と思ったものの何周かしたあとだと
感じ方が変わってくるのが不思議です。

最初は答えを見ながらやっていましたが、
答えを開かずにコードを書けるようになった時の喜びは大きいです。
Progate

その3 シラバス


こちらはドットインストールと同様に自分でコードを書きながら学べますが、
動画ではなくテキストと画像の説明を見て作業するというものです。

特に会員登録などの必要がなく、
WEBデザイン編とWEBアプリ編から好きなコースを選んで
すぐに学習を始められる
のが良かったです。

私はだいぶ学習が進んだあとにやってみましたが、
それまでに学んだことが形になっていくのが楽しく、
集中して作業することが出来ました。

ユーザー投稿型のコースも公開されていたので、
また学習を進めるうちに戻ってきて
色々と深く掘っていきたいと思っています。
シラバス

その4 CORDPREP


こちらはProgateと同じブラウザで完結するタイプで
入力するのは重要なワードのみという、よりお手軽なタイプです。
たくさんのブックに分かれていて、コース別でも選ぶ
ことが出来ます。

単語しか入力しないのでしっかりとエディタ画面を見ないと
頭に入りにくいような気もしましたが、様々なサイトを回りながら取り組んでみると、
知識が身についている部分と不足している部分が
くっきりと見えてくるような感じがしました。
ほかで学習を進めたあとでやると、より理解が深まりおすすめです。
CODEPREP

番外編 リーンキャンバス


授業が始まる前にスクールからつくるように言われたのが
「リーンキャンバス」というもの。

これはビジネスモデルを分かりやすくまとめるためのツールで、
やりたいこと、作りたいサービスを考えるのに役立ちます。
リーンキャンバスとは

私は働き方を決めたものの、何をしたいのかが曖昧だったので
自分のやりたいことに向き合ういい機会になりました。

逆にやりたいことや作りたいサービスがはっきりしている場合は、
リーンキャンバスを作成してからスクールやコースを選ぶのもよいかと思います。

侍エンジニア塾の授業 5つのポイント


それでは侍エンジニア塾での実際の授業の進め方をお知らせいたします。
内容やスタイルは講師によって全く違うということなので、
自分の担当講師でポイントだと思うところに絞ります。
あくまで参考程度にしていただければと思います。

ポイント1 現役のエンジニア


基本的には現役のエンジニアだけのようです。

私の担当講師はかなりベテランで、
教室型のスクールで教えていた経験もあるらしく、
教える意欲が感じられる方でした。

またとてもコミュニケーションが取りやすい印象です。
比較はできませんが、現役エンジニアというととっつきにくいイメージがあったので
初回でそういった不安は一気に解消されました。

ポイント2 テキストは使わない


授業では既存のテキストは使っていません。
教えてもらったツールを使い、画面共有をしながらその日の課題を一緒に進め、
詰まったらヒントをもらって検索で答えを見つけます。

講師によって書籍の購入をさせる方もいると聞いたので、
しっかりとテキストに沿って進めるタイプの方もいるのではないかと思います。
ここは希望があれば先にカウンセリングで伝えるとよいと思います。

ポイント3  宿題のハードルが高い


侍エンジニア塾の授業は基本週に1回、60分ほどのようです。
実はかなり不安な点でしたが、宿題のハードルが高いため今になっては
逆に週2回の授業だと大変過ぎるのではという印象です。

授業がない間、チャットではいつでも対応しますということですが、
何度かした質問のレスは早かったものの、
今のところまだ自分で答えに辿り着けることが多く
そんなに活用していません。

宿題が提出できないと内容が変わってくるかと思いますが、
私の場合はここで負けず嫌いを発揮して
求められたこと以上やることを常に意識しています。

ちなみに初回の宿題は「案件獲得を目指す」で述べたようなサイトで
仕事を取って稼ぐというものでした。

どんな経歴でどんな学習をしてきたかをしっかり話し合ったので、
できるだろうという前提だったかと思いますが、かなり大変な作業でした。
結果、案件獲得の流れを把握し、
また新しい分野で仕事を取るための度胸がつきました。

ポイント4 オリジナルのカリキュラム


私は6か月かけてHTML、CSS、JS、PHPを学ぶ予定で
最終的にはオリジナルのアプリを開発するというカリキュラムを組んでもらいました。
カリキュラムは相談の上、途中変更も可能とのことです。

まずはより実践的に仕事をこなす目的でテンプレートサイトや
フレームワーク(Bootstrap4)を使いながらいくつかのポートフォリオサイトを創りました。
その過程もツールをもらって宿題として作るので自分で検索しながらとなります。

まだ今のところ自習の成果で授業でされる説明についていけていますが、
今後も引き続き予習をしっかりとしないと進み方が遅くなり勿体ないので
授業が始まってからも自習する大切さを強く感じています。

ポイント5 よりリアルなノウハウ


講師にきた依頼について金額も含め具体的に教えてもらうこともありました。
実際にきた仕事についての流れが分かることで
どのようなことが出来るようになれば、
どういう仕事が受けられるのかを理解することができました。

今は自分に出来ることを見極めながら案件を獲得するために動いています。

まだまだ何をするにも迷いがありますが、
できないことはいつでもフォローするという講師の言葉にあと押しされ
多少無理だと思える案件にもトライするという気持ちで取り組んでいるため
授業が始まる前の自分がいたところと比べると完全に世界が変わった気がします。
侍エンジニア塾 無料体験レッスン

まとめ


スクールでは自分のやりたいことをはっきりと伝えましょう。
そして自分に合った学習スタイルを確立していくことが大切です。

特に侍エンジニア塾ではそれぞれに合わせたカリキュラムなので、
未経験からでも実践的な授業を受けることができる反面、
ついていくためには残りの時間で最大限学習することが重要です。

自分に合った目標、スクール、講師、カリキュラムを追求して、
学習しやすい環境を作る
ことで、
より自分の目指すところが近づいてくるのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です